カードローン増額が金利引き下げのチャンスになる

消費者金融カードローンの金利は上限が適用されどのタイミングで金利引き下げとなるのかがわかりません。
適用金利の範囲が明確になっていないからです。
一方、銀行カードローンは融資限度額によって適用の金利が決まります。
初めての借り入れではそのリスクを考慮され上限金利適用の範囲で融資限度額が決定します。
しかし融資限度額を増額すると金利引き下げのチャンスもある、それが銀行カードローンです。
増額についてご説明していきましょう。
これは消費者金融も銀行もカードローンなら共通です。
初回融資限度額、それは初めての申し込みの時に審査が行われそこで決定した限度額です。
信用力や返済能力を十分に考慮して決められた「カードローンで貸し付けても良いと判断した金額」になります。
その中から数万円を借り入れても満額を借り入れても、何回にわたって借り入れをしても問われるものではなくその範囲であればいたって自由に借り入れができる金額です。
その金額は自由に借りてよしとして与えられている限度です。
契約書を見てみるとそこには融資限度額、利用限度額などの表記で金額が記載されています。
逆に考えてみましょう。
契約書ではその金額の貸し付けを限度としています。
そのためそれ以上の貸し付けを行う場合、つまり増額になりますが、そのときには改めて契約をしなくてはなりません。
さて審査によって決めた初回融資限度額、これは慎重な審査のうえ最大限貸し付け可能とされたものです。
それではそれ以上の増額はどのように決定されるでしょうか。
審査がもう一度あります。
増額を申請するとそのまますんなりと受け入れられるわけはありません。
決められた額以上の貸し付けを希望するならばその希望の金額がだとうかどうか改めて判断しなくてはなりません。
なぜなら、初回融資限度額は当時妥当と判断された金額であり、さらにいえばその額以上は貸し付けができないとして決められた金額だからです。
増額の審査は初回申し込み時の審査とは若干異なります。
増額審査で最も重要となるのは取引実績です。
新規申し込み時であれば取引による十先がない分、確実に返済をするかどうかがわかりません。
その分の評価ができないということです。
増額の審査では新規申し込み時の信用力、返済能力で決められた融資限度額にプラス、これまでの取引実績による評価が融資限度額に増額されると考えてよいでしょう。
もっとも重要となるのは「遅延なし」です。
返済日から遅れることが一度でもあればそれは遅延です。
1日遅れたとしても返済の遅れであることには変わりありません。
増額の審査に通ることは難しくなります。
傾向としては半年以上の返済実績を積まなくてはならないと言われています。
例えば返済の遅れがあったときにはそこからまた半年以上の返済実績を積まなくてはなりません。
もう一つ重要な項目があります
借り入れです。
何度も借り入れを行えばそこにはカードローン側にとって危険として判断されてしまいます。
融資限度額満額までの借り入れも危険と考えられるでしょう。
カードローンが懸念しているのは貸付金額の未回収です。
借り入れが頻繁であれば返済金額を借り入れによって賄っている可能性も出てきます。
自転車操業です。
返済に不安があれば増額の審査には通ることはありません。
また、そのカードローンの借入残高だけではなく、他社からの借り入れ金額も増えていればそれは審査には不利です。
それまでにどのように利用してきたのかが増額審査には大きく影響をします。
これからカードローンを申し込むというとき、信用情報のために、これからの生活のためにも返済はしっかりと行っていかなくてはなりませんが、万が一増額を申請するときのためにも誠実な利用をしていきましょう。